山梨の世界遺産と世界に認められたワインを楽しむ!

中央自動車道には魅力がたくさんありますが、中でも山梨県内にあるSA、PAは見所がたっぷりとあります。例えば富士山を見たければ初狩PAで立ち止まって見てもよいでしょうし、名産であるワインに舌鼓を打つのも良いのではないでしょうか。絶景と甲州ワインを存分に楽しめる初狩PA、勝沼ICあたりをご紹介していきます。

日本人の心、富士山を見よう!

富士山といえば世界遺産にもなり、日本人にとって誇り高い山です。都内からでも天気の良い日はうっすらと見えることがありますが、やはりお膝元である山梨県内で見る富士山の迫力にはかないません。初狩PAでは上り下りともに富士山をじっくりと拝むことができます。例えば上りの方には一目富士展望台という屋根付きのテラスがありますので、カップルでゆったりと眺めてみるのも良いでしょう。下り側は比較的高台のPAとなっていますのでのどかな田園風景とともに富士山を眺めることもできるでしょう。
施設的にも整っていますので軽いお食事をしながら日本人の心である富士山をカップルで眺めてみてはいかがでしょうか。

山梨といえば……ワイン!

山梨といえば日本有数のワイン産地として知られています。勝沼ICを降りればすぐ醸造所の集中するエリアですから、比較的スムーズにワイナリー巡りを楽しむことができるでしょう。勝沼は甲州ワインの中心地であり、ワイナリーは地域内に20件近く存在しています。ほとんどのところで見学や試飲を行うことができますし直売もされていますのでワイン好きにはたまらない土地といえるでしょう。

勝沼トンネルワインカーヴに行ってみよう!

勝沼ICから5キロ、10分くらいのところにワインカーヴと呼ばれるところがあります。JR旧深沢トンネルを利用したワイン貯蔵庫で、明治36年当時のレンガ造りのトンネル姿を留めるとともにワインの熟成庫としても活用されています。
ワインカーヴ内は入口付近まで見学することが可能で、ヒンヤリとした独特の環境をその肌で感じることが可能です。また管理事務所では観光案内やワインの販売・試飲なども行われています。甲州ワインと鉄道、両方の歴史を同時に楽しめる施設となっていますので観光スポットとしてはとても価値の高い場所といえるでしょう。駐車場も300台収容できますのでドライブデートでも気軽に立ち寄れるところがメリットですね。

山梨といえば富士山とワイン!これは絶対に外せません。もちろんドライバーの飲酒は禁じられていますので運転している人の試飲はできませんが、奥様にいろいろと試してもらってお土産としてたくさん買い込んでみてはいかがでしょうか。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ