パートナーにランジェリーを贈ろう

これを読んでいる人の中で、セクシーなランジェリーを女性へプレゼントした経験があるのはどれくらいいるでしょうか。ランジェリーは、露骨にセックスを連想させて、敬遠する人が多いかもしれませんね。実は、欧米では男性がランジェリーを、恋人へ贈るのは一般的。日本ではほとんどありませんが、欧米の男性は当たり前のように、女性物のランジェリー店に入ります。

女性にオススメのプレゼント、ランジェリー

男性がランジェリーを贈ると「あなたとセックスしたい」とアピールしているようで、女性に嫌がられるような気がして抵抗がある男性も多いでしょう。実際、女性のほとんどが、男性からランジェリーを贈られた経験はありません。

しかし、あるアンケートでは、8割の女性は相手の男性からランジェリーを貰うことに肯定的です。女性は、性に奔放だと男性から引かれるのではと思う傾向があるので、自分から直接セクシーさアピールすることを避けます。そのため、自分でランジェリーを選ぶと控えめなデザインになりがち。

しかし、ランジェリーには、シルクのレースをふんだんにあしらった芸術的なものもあれば、大胆なスリットが入ったセクシーなデザインもあります。こうした凝ったデザインのランジェリーを想像すると、女性の買い物に付き合うことが苦手な男性も、ワクワクするのではないでしょうか。なぜなら、あなたが選んだランジェリーを、愛した女性が喜んで着てくれるのですから。

そもそも、女性にランジェリーを贈るのは、パートナーである男性の特権。女性に似合うと思って選び抜いたランジェリーは、女性自身のプロポーションや、好みをよく知っている男性だからこそ選べる物です。

女性たちは、普段は機能的なランジェリーを身につけていても、男性とのデートなど、ここぞという日には自分を引き立たせるための選りすぐりのランジェリーを着用しています。それは、ひとえに、男性に自分自身を美しいと思ってもらうため。

大胆なランジェリーや、豪華なランジェリーをプレゼントすれば、「君にこれが似合う」というメッセージになります。こんな美しいランジェリーが似合うくらい、あなたは美しい、と言葉にしなくても女性への賛美が込められています。ですから、女性はパートナーの男性からランジェリーを贈られたら嬉しいに決まっているのです。

熟年の女性にも積極的に贈ろう

ランジェリーに関して、次に浮かび上がる疑問は、女性はいくつになっても、ランジェリーのプレゼントが嬉しいかどうかです。男性がランジェリーをプレゼントしようとすれば、自然とブランド物や、贅沢な素材のデザイン性が高いものになります。

しかし、ランジェリーショップを見れば分かる通り、モデルはほとんどが若い女性。熟年の女性は、セクシーなランジェリーはやっぱり抵抗があるのではと思う男性もいるでしょう。

確かに、年を重ねるにつれて、女性のプロポーションは変化してきます。自分に自信がなくなり、若い頃にも増して、地味なデザインを選ぶ傾向が強くなります。しかし、パートナーの男性が選んだのなら話は別。

先ほど触れた通り、美しいランジェリーをプレゼントするという行為は、女性の美しさを賞賛するのに等しいものです。もちろん、普段使いする可能性は低いですが、愛する男性が、「君に似合う」と選んでくれたのですから、身につけないわけがありません。必ずあなたとのデートのタイミングで、着用してくれるはずです。

男性からプレゼントされるランジェリーは、女性にとって、パートナーの男性が自分に抱いているイメージが分かりますし、気分を高ぶらせます。あなたがプレゼントしてくれたランジェリーを着てセックスしたい、と思うのです。熟年カップルは交際の期間が長い傾向があるので、セックスが新鮮さを失いがち。情熱的なセックスを楽しみたい熟年カップルこそ、女性へランジェリーをプレゼントしてみてください。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ