熟年カップルはセックスを卒業する?

年を重ねると、それまでのようにセックスが楽しめなくなる人もいる一方で、不倫してまで異性との行為にいそしむ人もいます。加齢は性欲や性器の機能が低下する大きな要因になりますが、その度合いは人それぞれ。30代で、子供が生まれた途端、行為から離れる人もいれば、70歳過ぎても現役の人もいます。加齢だけが、セックスから離れる要因とはなり得ないのです。

他の人がいくつまでセックスしているかというのは、気になるもの。熟年と呼ばれる年齢になって、そろそろ落ち着いた方が良いかな、と考える人もいるでしょう。そこで、多くの人がセックスに区切りをつけるタイミングについて考えてみましょう。

熟年カップルがセックスから離れるタイミングとは

カップルがセックスに区切りをつけるかどうかは、女性の意見が大きく反映されることが多いようです。セックスは子供を妊娠するという目的がある行為という側面を持っているため、女性が子供を妊娠する可能性が極めて低くなる40歳頃、そして閉経する50歳頃が、セックスに区切りをつけるタイミングとなる傾向があります。

ただし、こうしたセックス=生殖行為という、子供を妊娠するためだけの行為という考えは古くなっています。実際、全てのカップルがこのタイミングで、行為を止めるわけではありません。

なぜなら、セックスが愛情表現のための行為であることが、広く知られるようになったからです。そのカップルが先ほど挙げた節目となるタイミングまでに、どのようなセックスをし、お互いが変わらぬ愛情を持っているかどうかが重要になります。

例えば、男性が女性の体が準備を終えるまでに挿入し、激しく動くような、男性本位の行為をしていれば、女性はセックスに良い感情を抱けません。妊娠できなくなった段階で、子供という理由がなくなり、セックスを拒むようになるでしょう。

一方、女性がセックスに前向きでも、パートナーにだけEDを発症させる男性もいます。熟年カップルともなれば、連れ添った期間が長くなり、慣れてきます。

若い頃は控えめな立ち振る舞いで、恥ずかしがり屋だったのに、今や下着姿でウロウロ…パートナーの女性がこんな状態では、健康な男性だって欲情できないのも無理ないこと。なにも男性は、熟年の女性に若い女性のように、露出の高い下着で迫って欲しいというわけではないでしょう。成熟した女性ならではの洗練された物腰や、奥ゆかしい態度、つまりは年を重ねたからこその溢れる美しさにドキっとするのです。

年齢はセックスに関係ない

セックスは、子供を設ける行為であると同時に、愛情を確かめる行為でもあります。特に、女性は行為を通して、男性からの愛情を確認しようとします。射精することを優先させたセックスでは、女性が行為に楽しみを見いだせないので、子供が生めなくなるタイミングで、そのカップルのセックスは立ち消えとなってしまいます。

しかし一方で、愛情が感じ合えるセックスができていれば、子供という理由がなくても、女性はいつまでも行為に積極的でいたいと願います。愛する人と肌が触れ合うのは、楽しいものですからね。年齢や生殖能力の低下が、セックス離れの原因にはならないのです。

結局のところ、カップルがお互いにどれだけセックスを楽しいと思っているかが重要。行為を楽しいこととして認識していれば、当然いつまでも続けたいと思いますから、性器の機能にトラブルがあってもなんとか対処しようとします。

とは言え、セックスは2人でするもの。EDなど自分の性器の問題を1人で抱え込むのは禁物です。セックスは言葉を使わなくても、愛情を伝えるコミュニケーションなので、片方が楽しめない状況は、相手に必ず伝わります。恥ずかしがらず、お互いのコンディションや、したいこと、されたいことを積極的に話し合いましょう。

熟年カップルだからといって、落ち着く必要なんてありません。行為をコミュニケーションと捉えることで、お互いの好みや体を深く知ることができ、より豊かなセックスを楽しめるようになります。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ