山と夜景とロマンチックに楽しむ日本三名泉の露天風呂 岐阜県「下呂温泉」

中央道中津川ICから1時間ほどの温泉街「下呂温泉」。16世紀の儒学者「林羅山」(はやしらざん)が、有馬温泉(兵庫)、草津温泉(群馬)とともに「日本三名泉」に数えた古くからの名湯です。10世紀ころに温泉が湧きだしているのが発見されて以来、1000年以上続く温泉街です。「下呂」の地名は昭和以降につけられたもので、それ以前は「湯之島」と呼ばれていました。江戸時代には日本でもっとも栄えた温泉街です。

飛騨山脈の山々と温泉街の夜景とを楽しみつつ、露天風呂でロマンチックに過ごしてみてはいかがでしょうか?

翔月~ぜいたくな露天風呂の宿

飛騨の美しい山なみと温泉街の街なみとを両方いちどに見わたせる静寂の宿「翔月」(しょうげつ)。貸し切りの露天風呂がふたつあるほか、露天風呂つきの部屋も3つあります。完全な非日常空間をつくりだすため、館内には時計がなく、宿泊客に時間を忘れてくつろいでもらう工夫をしています。

宿泊客のプライベート感覚や旅館の雰囲気をまもるため、日帰り入浴のシステムはありません。館内にはカラオケルームも宴会場もなく、団体客は受け入れていません。また、12歳以下の子どもの宿泊もNGです。

露天風呂からは、昼間なら凛としてたつ群青の飛騨の山々を、夜なら下呂の美しい夜景を雲の上から見下ろすように眺められます。光も風も雨や雪もすべて静かに感じ取りながら、ここだけに流れる、ゆったりとした時間を楽しめる空間です。

料理は飛騨牛を始めとする飛騨の幸をもりつけた懐石料理。水琴のはかない音色、水面にゆらぐ影、ステンドグラス、光天井など幻想的な趣の中でプライベートな食事を楽しめます。料金は1泊3万円~5万円ですが、値段以上の、めったに体験できない価値のある旅館です。

下呂観光ホテル本館~多彩な貸し切り露天風呂

下呂の高台にあって温泉街と緑あふれる渓流をながめることのできる露天風呂の宿「下呂観光ホテル本館」。茶釜の湯、陶器の湯、石の湯、岩の湯、緑風など多彩な湯船があります。御影石をくりぬいた露天風呂のほか、貸し切り露天風呂も利用できます。月見テラスつきの露天風呂のある隠れ家的特別室なら、カップルがロマンチックに盛り上がれること間違いなし。夜は夜景と星空を楽しみながら露天でのんびりすることができます。

エステルームや陶芸工房などもあり、料理は和食道と個室料亭とがあります。席に座りながらのキノコ狩りつきで飛騨の新鮮な味覚をたのしめます。宿泊料金は、1万円~3万円程度です。

静かで美しい景色を堪能できる温泉。カップルがロマンチックに過ごすには最適な旅館です。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ