カーセックスをするためのいくつかの注意点

せっかくドライブデートをするのですから、カーセックスについて覚えておいても損はないでしょう。ラブホテルや旅館と違って車でのエッチは非常に興奮する反面、色々な注意点もあります。どんなプレイをするべきか、体位はどうしたらいいのか、その他デメリットなどはあるのかなど詳しくご紹介をしていきます。

ドライブデートで気分が盛り上がったら…

中央自動車道は魅力的な場所がたくさんあります。熟年カップルで久々のドライブデートもなれば気分だって盛り上がってくることでしょう。高速道路沿いには観光地もたくさんありますから旅館を予約すれば旅情を味わいながらのエッチもできるでしょう。またIC近くにはドライブデート者たち向けのラブホテルもたくさんあります。気分が盛り上がったのならばサッと入ってしまっても良いのではないでしょうか。

ラブホテルもいいけど……

高速道路沿いにはラブホテルが本当にたくさんあるのですが、熟年ともなると「いい歳して入るのは…」なんて気が引けてしまう人もいるでしょう。そういう場合は旅館がオススメなのですが、日帰りドライブの場合は難しいかもしれません。
せっかく高まってしまった気持ちをどう解消すればいいのか?そう悩む人もいらっしゃるかもしれません。そうした時にチャレンジしてみたいのがカーセックスです。車というのは動く個室ですから、二人だけの自由な時間を存分に楽しめる空間と言えます。また、いつもとは違った場所でエッチができることから二人の興奮も煽りやすく、マンネリ解消にも良いでしょう。せっかくのドライブデートなのですからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

カーセックスの心得とは!

カーセックスをするためにはいくつか覚えておいたほうが良いことがあります。まず準備しておきたいものとしてはシーツです。カーセックスの場合は椅子を倒して事に及ぶことになるのですが、カーシートのままだと汗が付着してしまい車内にすえた臭いが残ってしまうことがあります。また肌に直接シートが触れることで肌荒れなどをする場合もあります。そうした自体を避けるためにシーツまたはバスタオルなどを用意して下に敷くようにしてください。
また他人に見つからないように様々な配慮をすることも大切です。暗がりで行うことはもちろんですが、SAやPAなどですと、立ち寄った人に見られてしまう可能性が。公然わいせつにならないよう、間違いなく人が来ない場所でエッチをするようにしましょう。他にも窓はしっかり閉めておくべきですし、エンジンをかけておいたほうが緊急時に行動を起こしやすくなりますよ。

様々な注意点はありますが、それでもカーセックスは楽しいものです。久々のドライブデートを思い出深いものにするためにチャレンジしてみてください。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ