セックスをすれば老化のスピードを緩められる

若い頃はあんなに元気で頭の回転も良かったのに…今では衰えを感じてしまうのが熟年世代です。肉体的に機能が低下してしまうのですからそれは仕方のないことではありますが、やはり悲しいことですよね。
実は近年の性研究によると「セックスで若返りができる」ということがわかってきているようです。肉体的にも精神的にも、精力に関しても生涯現役でいるためにセックスを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

アンチエイジングは熟年の願い

なるべくならば歳なんて取りたくない、そう思うのが人間というものです。しかし時間の流れを止めることはできませんし、誰にでも老いは来てしまうものです。残念なことではありますが、仕方のないことですよね。
しかし近年、アンチエイジング技術が発展してきていて、見た目はもちろん肉体的な機能面でもかなり若返りができるようになってきました。実際に、最新・最先端の医療技術を誇る日本において、平均寿命は延びていますし、「美魔女」なんて呼ばれている若々しい熟女たちも注目されるようになっています。老いは必ず来るものですが、時間を緩やかにすることは可能なのです。

セックスが健康増進につながる?

イギリスの研究によると、セックスをすることで健康効果が望めることがわかっています。昔から性行為は「スポーツと同じくらいの運動効果」があることは経験的にわかっていました。実際に、射精するまで頑張ってピストン運動すれば汗もかきますからカロリー消費もそれなりにありますし、体温上昇によって免疫力のアップも見込めるでしょう。
さらに、研究では快楽物質の一つとされるエンドルフィンの分泌が健康効果をもたらすことがわかっています。不安感を和らげてストレスの解消をしたり、血液循環を良くして心疾患のリスクを軽減したり、成長ホルモンの分泌が促されて肌がツヤツヤになるなど様々なメリットがセックスにはあるというのです。
他の研究でも、週に2回程度セックスをしているカップルは風邪を引きにくい、なんて報告もされています。性生活が充実している人は肉体的にも精神的にも若々しく健康でいられるというわけですね。

実はボケ防止につながるかもしれない

様々なアンチエイジング&健康効果を得られるセックスですが、実は認知症予防にも効果的かもしれないということがわかっています。
イタリアの研究によるとセックスをすることで神経の成長が活発になり、頭の回転が良くなるのだとか。さらに他の研究でも、セックスをすると海馬の成長が促されやすくなるという報告がされています。海馬は記憶や学習などを司る脳の器官で、認知症予防にはまさに持ってこいと言えるものです。
老いはいずれ訪れるものですが、その時間をゆっくりとするためにはセックスを適度に楽しむことが重要なのかもしれませんね。

Copyright© のんびりエッチな中央道の旅o All Rights Reserved.

写真提供:ペイレスイメージズ